スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
このブログの続き
2012-05-22 Tue 10:50
このブログの続きは、

http://triphi.blogspot.com

に掲載しています。
スポンサーサイト
別窓 お知らせ トラックバック:0 ∧top | under∨
The Variety of The World (100 Pictures)
2012-05-08 Tue 21:21
世界の「多様性」に焦点を当てて、下手な写真も入れ、説明入りで旅の軌跡を分かりやすくした。


まず、 

大阪から船で黄海を渡り

中国 上海


20090309180105(1)_20120508230112.jpg



桂林


20090312124057(1)_20120301191347.jpg


陽朔にいた笛吹きおじさん


20090313174538(3)_20120301191346.jpg


ベトナム ホイアン


20090320204631(1)_20120301191545.jpg


ベトナム人の民族衣装 アオザイ


20090324093600(1)_20120301191345.jpg


カンボジア 

アンコール・トム 


20090326105940(1)_20120301191344.jpg


アンコール・ワット


20090326180041(3)_20120301191451.jpg

20090326173950(1)_20120301191452.jpg

DSC00195_20100604110838_20120301191452.jpg

DSC00201_20120508232331.jpg


ポル・ポトの虐殺についての展示があるトゥーン・スレーン博物館。世界で最もエグい博物館。人間の残酷さと狂気について知れる。


282543_268661366484747_100000226569837_1355481_2925370_n.jpg


伝統芸能


20090329214047(1)_20120301191451.jpg


タイを越え、

ラオス 

旧正月


20090413155148(2)_20120301191450.jpg


中国 雲南省 シーサンパンナ・タイ族自治州

中国だけどタイ族が多く住む。


20090416182442(2)_20120301191450.jpg


麗江


20090421171645(11)_20120301192109.jpg

20090421172516(4)_20120301192108.jpg

20090421175929(5)_20120301192108.jpg


麗紅で死にかけ、二週間の入院後、右腕が動かなくなる可能性があったため飛行機で帰国。

1ヶ月リハビリしてなんとか動くようになり、再出発。

飛行機なしで一からやりなおすため、下関から黄海を船で渡り

中国 蘇州


20090616155725(3)_20120301192107.jpg


西安 秦の始皇帝の兵馬俑


DSC00554_20120301192106.jpg


敦煌


20090623185051(2)_20120301192424.jpg


砂漠に浮かぶ寺


20090623191454(2)_20120301192423.jpg


カザフスタンを越え、

ウズベキスタン

元ソビエトなので、ロシアブレンドのイスラム国


20090709135818(1)_20120301192423.jpg


サマルカンド


20090711162936(1)_20120301192422.jpg

20090711164905(1)_20120301192422.jpg


ブハラ

スターウォーズの世界


20090713181417(3)_20120301192421.jpg

20090712225801(1)_20120508230653.jpg


ヒヴァ

ラクダの隊商が行き来した時代からそのまま残る古代都市


20090716155242(1)_20120301192535.jpg


カザフスタン

人間がまるで荷物のようにすし詰めされたおんぼろバスで、一晩かけて再びカザフスタンへ


20090720103513(3)_20120301192534.jpg


カザフの高原には日本の野良猫のように野良ラクダがたくさんいる


20090722222201(1)_20120301192534.jpg


360度果てしなく続く高原の中、ゲルで暮らす夫婦。二人のきずなってどれくらい深い?


20090723150338(1)_20120301192533.jpg

20090723161333(1)_20120301192533.jpg


カスピ海を船で渡り、アゼルバイジャンを越え、

グルジア

この旅で初めてのキリスト教国。皆信心深い。


20090730181850(1)_20120301192836.jpg


トルコ カッパドキア


20090806115621(2)_20120301192836.jpg


パムッカレ


20090811183335(2)_20120301192835.jpg


アジアとヨーロッパの境目、

イスタンブール


20090815212740(1)_20120301192834.jpg

20090815013528(2)_20120301192834.jpg


ついにヨーロッパへ。

ギリシャ メテオラ

岩山に無数の教会が建っている


20090821180305(1)_20120301192833.jpg


アテネ


20090827012730(2)_20120508230906.jpg


ブルガリアと元ユーゴスラビアのセルビアを超え、

ハンガリー


20090904014915(3)_20120301193026.jpg


オーストリアを越えて

ポーランド アウシュビッツ


20090909165648(3)_20120301193026.jpg


チェコ 

ミュシャのステンドグラス


20090912232453(2)_20120301193254.jpg
20090912232453(1)_20120301193254.jpg


オランダ

運河沿いのまどろみの夜


20090927024626(1)_20120508231030.jpg


ベルギー


20090928030804(3)_20120301193253.jpg

20090928042929(2)_20120301193252.jpg


ドイツ 

オクトバーフェスティバル


20090929214214(1)_20120301193252.jpg


イギリス ロンドン


20091002022048(1)_20120301193611.jpg


フランス 

ルーブル美術館


                  20091004182737(3)_20120301193610.jpg


イタリア ローマ ヴァティカン


                  20091009203153(1)_20120301193610.jpg


スペイン 

サグラダ・ファミリア


                  20091016024150(1)_20120301193609.jpg


アルハンブラ宮殿


20091018163520(1)_20120301193609.jpg


スペインから地中海を渡り

モロッコ シャウエン

とんがり帽子をかぶっている人が多い。


20091021221237(1)_20120301193608.jpg

20091031102754(3)_20120508231329.jpg


ミントティー

モロッコはレパートリーは少ないけど、タジンとかクスクスとか、おいしい料理が多い


20091031105218(6)_20120301193750.jpg

20091103152418(4)_20120301193749.jpg


マラケシュ


20091103160149(1)_20120301193749.jpg


敬虔なイスラム教徒


DSC03287_20120301193748.jpg


一度スペインに戻り、ポルトガルから大西洋を船で渡って、

ブラジル サルバドール

南米もキリスト教圏だけど、少し独特


                  20091129020916(1)_20120301194444.jpg


イグアスの滝


20091214111921(1)_20120301194443.jpg


アルゼンチン ブエノスアイレス 

ブエノスアイレスは南米でも最も綺麗な町のひとつ。タンゴがそこら中で


20091223213518(3)_20120301194442.jpg


チリ アタカマ

ウユニも含むアタカマ一帯は、世界でも最も美しい地域の一つだと思う。
さらにアンデスにはラパスやマチュピチュもある。


20100107071811(1)_20120508231450.jpg


ボリビア ウユニ塩湖

果てしなく続く白の世界


                  20100115162820(1)_20120301194830.jpg

20100115180731(3)_20120508231545.jpg

20100115182751(6)_20120509212507.jpg



世界で最も標高が高い町。ポトシ


DSC05118_20120508232330.jpg


首都ラパス


20100129161608(2)_20120301194830.jpg

20100209165815(3)_20120301194828.jpg


富士山並みの標高に広がる町


20100216170149(1)_20120301200126.jpg


ペルー ウロス島

チチカカ湖に浮かぶ葦で作られた人工島


20100220092937(5)_20120301200125.jpg


アルパカ


20100221122917(1)_20120301200124.jpg


赤ちゃんアルパカ


20100221123147(2)_20120301200124.jpg

20100221150810(1)_20120508231840.jpg


クスコ

マチュピチュへの観光拠点で、街自体も世界遺産。

ただ土砂災害のため、残念ながら今回はマチュピチュへ行くことができなかった。


DSC05878_20120508232329.jpg


エクアドルを越え

コロンビア

首都、ボゴタの近くにあるシパキラ地下洞窟


20100318134038(3)_20120301200123.jpg


陸路はゲリラなどの危険性のために通行不可なため、カリブ海をコロンビアからパナマまで、ヨットで5日かけて渡る。


20100327140811(1)_20120301200123.jpg


クナ族の島による。


20100328172244(2)_20120301200553.jpg


コスタリカ

大自然と動物の国。


20100403140242(5)_20120508231943.jpg

20100409160547(1)_20120508231942.jpg


ニカラグア、エルサルバドルを越え、

グァテマラ 特徴的な民族衣装


20100418124346(2)_20120301200553.jpg


マヤの人たちの民族衣装


20100420161721(2)_20120301200552.jpg


ホンジュラスを越え、

ベリーズ 

中米で唯一黒人の国。

ベリーズは今までで最もエキサイティングな海がある国だった


20100424173350(5)_20120301200552.jpg


メキシコ 

ウシュマル遺跡


20100501144243(1)_20120301200551.jpg

20100501194731(1)_20120301200550.jpg


月のピラミッド


20100515154333(2)_20120301200848.jpg


グアナファト


20100516182758(1)_20120301200847.jpg


アメリカ ワシントンDC


20100526203550(2)_20120508232134.jpg


ニューヨーク


20100529210348(1)_20120301201254.jpg

20100530210203(1)_20120508232334.jpg


ナイアガラの滝


20100604113645(1)_20120301201253.jpg


カナダ アサバスカ氷河


20100613144128(2)_20120301201252.jpg


バンフ

                 20100612115722(2)_20120508232333.jpg

20100612120121(2)_20120508232332.jpg


スピリットアイランド


20100614104522(1)_20120301201252.jpg


アメリカ ヨセミテ


20100620145135(4)_20120301201251.jpg


グランドキャニオン


                  20100630150246(3)_20120301201251.jpg


メキシコ バハ・カリフォルニア


20100708124830(1)_20120301201620.jpg


メキシコから船で太平洋を渡り、最後の国

日本 横浜


20100725201605(3)_20120301201620.jpg


家には帰らずに、そのまま日本を周遊。

京都

日本の文化に、美しさに、心から感動した


20100729203052(2)_20120301201619.jpg


白川郷


20100801165504(1)_20120301201619.jpg


富士山の頂上

旅を達成した瞬間

この時を一生忘れない


20100807063233(3)_20120301201618.jpg
別窓 世界一周の写真 トラックバック:0 ∧top | under∨
The Moment of The World (50 Pictures)
2012-05-08 Tue 13:46
世界の「一瞬」とか「動き」とかに焦点を当てて、気に入っている写真を集めた。


20090306123421(1)_20120508132414.jpg

20090318173914(2)_20120509181531.jpg

20090327083908 (1)トリミング

20090413162941(4)_20120509181530.jpg


20090416175641(2)_20120508132410.jpg

20090630150607 トリミング

20090709182014 (1)補正1

20090715210859(2)_20120508132519.jpg

20090730154313(1)_20120508132518.jpg

20090811003743 補正1

20090811003743 (トリミング)

20090812220046 (1)

20090827003819(2)_20120508132617.jpg

20090827181937(2)_20120509182521.jpg


20090925202736 (2)

20091004203008 (1)

20091005000702 (1)

20091015232043 (1)

20091015232044 (1)

20091028174904 (2)

20091130092544 (1)

20091130113225(2)_20120508132706.jpg

20091202174739(8)_20120508132705.jpg

20091205163355(1)_20120508132704.jpg

20091206124036(4)_20120509182520.jpg

20091213133821 (1)

20091218175321(3)_20120508132802.jpg

20091227195829 (1)

20100101202626 (1)

20100107073249(2)_20120508132759.jpg

20100107073704(4)_20120508132852.jpg

20100107073704(6)_20120508132850.jpg

20100122125407(2)_20120509172157.jpg

20100201145231 (1)

20100211184920(2)_20120509180013.jpg

20100212125417 (1)トリミング



20100213135557 (1)

20100219203148(2)_20120509180850.jpg

20100222174111 (1)

20100225165019(2)_20120508132958.jpg

20100318182949 (1)

20100323164226 (1)

20100326183026(2)_20120508133100.jpg

20100404184536(5)_20120508133059.jpg

20100408094757(3)_20120508133058.jpg

20100426112122(1)_20120508133057.jpg

20100507105743(1)_20120508133056.jpg

20100507194813 (1)

20100526212733(1)_20120508133125.jpg

20100807054930(2)_20120508133124.jpg
別窓 世界一周の写真 トラックバック:0 ∧top | under∨
世界旅行記 77 自分の町→自分の部屋→自分のベッド(最終回)
2010-09-09 Thu 21:21
初めて富士山に登ったのは二十歳の時だった。

当時は肉体も精神も完全に崩壊していて、体重は男だというのに50キロを割り、人とまともにしゃべることさえ出来なかった

そんなときに登った富士山はかなりキツくて、「もう二度と登ることはないだろうな」と思ったのを覚えてる。


それから8年、世界一周をした後の富士山は、、、

楽勝もいいところだった。

吉田口から登って山小屋のある8合目過ぎまで普通5、6時間かかると聞いたが、俺はほとんど休憩もせずに2時間強で登った。

山小屋に泊まった後の深夜の登頂も、渋滞をスルスルと抜かして早すぎるくらいの時間に着いてしまい、登山自体よりも日の出までの待ち時間をキツく感じたぐらいだった。

頂上は真冬以上の寒さで、指の動きが鈍くなるほどだったが、疲れはほとんどなかった。

そして待ちに待ったご来光は、最高の達成感を与えてくれた。

あの時のことは、一生忘れないと思う。


この旅は、大学生時代からの夢だった。

旅の最中は、ただひたすらに夢中だった。

そして旅が終わってみれば、まさに夢を見てたようだった。


当時はもう何年も旅をしているように感じていて、日本のことがはるか昔のようだったのに、今となればそれはもう逆になっている。

旅は夢のように、違う世界の、幻想感のある、遠い昔の、一瞬の出来事になってしまった。

しかもそう感じるまでが、あまりにも早すぎた。

帰ってきた次の日には自宅でとはいえ仕事が始まり、たまっていた用事を次々とこなしながら慌しく過ごしているうちに、あっという間に現実の歯車に組み込まれていった。

本当は世界や日本や、その他色々なことについて分かったこと、感じたことなどを書きたかったのだけれど、それを書くのもためらわれるぐらい、意識が変わってしまっていた。


ある時、自宅の近くを歩いていると、大きな夕日が沈もうとしているのを見た。

とても美しかったので写真を撮りたいと思ったが、もうカメラを持ち歩いてはいなかった。

毎日写真を撮り続けていた生活を懐かしく感じると同時に、もう旅は終わってしまったのだと感じた。

セミの死骸をたくさん見た。


この旅は、ずっと夏を追いかける形で進んできた。

ほとんどの地域をハイシーズンでまわり、朝から夜まで一日中雨が降り続けたという日は、最初の出発から1年5ヶ月の間、ただの一日もなかった。

旅が終わって一ヶ月、その記録は今でも更新され続けている。

でも昨日、久しぶりに大雨が降って、結局夕方にはやんだのだけれど、夏の終わりを少し感じた。

初めて録りためたビデオを見返してみたりした。


夜、電気を消して寝ようとすると、自然と旅のことが思い出された。

思い出すのは大きな出来事ではなく、言葉にするまでもなかった、人に語るまでもなかった、無数のなんでもない景色だった。

もう場所も時間も分からなくなった記憶の断片が、泡のように浮かんでは消えていった。

「あれっていつのことだろ?」

「あそこはどこだっけ?」

そんなことを想っているうちに、いつの間にか夢なのか現実なのか、分からなくなっていった。


次の夢の始まり。

どんなにかけがえのない、苦難や感動が待っているかわからない。

新しい世界。
別窓 日本 トラックバック:0 ∧top | under∨
 飛行機なしの世界一周旅日記  NEXT
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。