FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
世界旅行記 37 大西洋(船)→フンシャル(マデイラ諸島、ポルトガル)→テネリフェ(カナリア諸島、スペイン)→赤道
2009-12-05 Sat 05:20
リスボンはずっと曇っていたのだけれど、出発の日は旅立ちにふさわしく、心高揚する晴れ晴れとした空だった。


20091119124828(1).jpg


ヴィジョンクエスト。


20091119124750(1).jpg


暇だったのでかなり早く行ったら、船内はまだあまり人がいなくて、その間に写真を撮りまくった。

船内は豪華そのもの。一人でにやにやしながら探検してた。

えー。マジで?うそ?俺バックパッカーだよね?w


                 DSC03453.jpg

20091119130126(2).jpg


カジノ。俺は多人数プレイ型のみんなで楽しむもの以外、ギャンブルはしない主義なので一切やらなかったけど。。。


20091119131445(1).jpg


劇場。

映画かショーが毎晩やってる。


20091119131600(1).jpg


もちろんプール付き。屋外と屋内にそれぞれある。


20091119133040(1).jpg


他にも免税店やバーや図書館がある。

そして何よりも飯が食い放題。

ソフトクリームもセルフサービスで昼間ならいつでも食べられる。

ここぞとばかり、毎日食いまくってた。


ということで、旅人の三点確保、「移、食、住」が完全に保障された二週間が始まった。

二週間もの間そんな状態が続くのは、この旅で初めてのことだ。

しかも全てが高品質。

心踊らないわけがない。


20091119134057(1).jpg


初日は三日月だった。

そしてこの月が二週間の航海で、だんだんと満ちていく。。。


20091119182209(1).jpg


ポルトガルのマデイラ諸島、フンシャル。


マデイラとカナリアについては一切の情報を持ってなくて、うかつにも事前にネットで調べるのも忘れていた。

船ではそれぞれの寄港地でツアーを主催していたけれど、もちろん俺はツアーには参加しないので、どんな島で、どこをまわればいいのかまったく分からなかった。

ということで、港の近くで見つけたオープンルーフの観光バスに、初めて乗った。

結構気持ちよかった。


残念ながら曇っていて、途中雨も降ったけど、「ヨーロッパの島」という感じでとても綺麗な町だった。


20091121090839(1).jpg

20091121094059(2).jpg

20091121110007(1).jpg

20091121111113(1).jpg

20091121152457(1).jpg


船上から見る、遠ざかっていくフンシャルの夜景は、人生でもトップクラスに入るほどの綺麗さだった。


20091121181810(1).jpg


ヴィジョンクエストとアルカディア。

みんな歓声を出し合ったり手を振り合ったりしてた。

アルカディア船は半端ない豪華さだった。


20091121182036(1).jpg

20091121182452(2).jpg


本当は無数の光がキラキラと点滅していて、それはそれはいつまでも眺めていられるような綺麗さだったんだけど、やっぱり夜景をちゃんと写真に写すのは難しい。


クルーズ四日目。

スペインはカナリア諸島のテネリフェ。


20091122091615(1).jpg

20091122094956(1).jpg


速攻で情報収集して、この火山島で一番高い山へ登ることに。

この島はかなり大きくて、山と中心の町にしか行けなかった。

まぁどっちにしろ男一人なので、ビーチでゆっくり、っていう観光はするつもりはなかったけど。。。


20091122111552(1).jpg

20091122123030(1).jpg

20091122123219(2).jpg

20091122151231(2).jpg

20091122151949(1).jpg


船に帰るとまた夕暮れの、遠ざかっていく島の景色が楽しめた。

これは船旅でしか味わえないものだ。


下は仲良くなったスペイン人のお医者さん。

中国の入院の話をしたら「そりゃよく生きてたな」と言われた。


20091122174829(1).jpg

20091122182200(1).jpg


クルーズ五日目。

ここからは完全に船に缶詰で、五日かけて大西洋を横断する。



20091123161425(1).jpg

20091124183038(1).jpg

20091123155635(1).jpg

20091122173611(2).jpg


船はいつも陽気なバカンス的雰囲気で、毎日パーティー状態。


20091128020124(1).jpg


ロッククライミングはやってるしさ、


20091123161821(2).jpg


毎晩何かしらのショーはやってるしさぁ、


20091124064140(3).jpg


ディナーが終わって部屋に帰ってくると、タオルが毎晩違う動物に変身してるしさーあ、


                 20091126064855(1).jpg


もうやんなっちゃうよね。


そして極めつけは日の入り。

毎日違う表情を見せてくれるんだけど、毎日信じられないほど美しい。


20091127054623(2).jpg

20091127054844(4).jpg

20091127055336(2).jpg


そしてついに赤道を越えた。

これにより南半球に入り、季節が逆転する。

つまり初冬から初夏へ戻る。

また長い夏が始まる。
スポンサーサイト
別窓 大西洋 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
世界旅行記 38 レシフェ(ブラジル)→サルバドール
2009-12-07 Mon 22:22
ブラジル北東部の町、レシフェ。

いつも港では歓迎の催しものがやってる。


DSC03377.jpg


まずバスで隣町のオリンダへ。


どんなに旅に慣れたと思っても、やはり未知の国を一人で歩くのは、毎回不安に感じる。

言葉はもちろん、治安も物価も、文化も風習も、公共機関の使い方も、何も分からない。

自分がどこにいるのかさえ、分からないときがある。

まさに右も左も分からない状態だ。

でも店の人や近くにいる人に、

「これはいくらですか?」

「バス停はどこですか?」

「どのバスに乗ればどこに行けますか?」

そういう簡単なことを聞いているうちに、ぼんやりと人や国のことが見えてくる。

「なんだ、意外とみんないい人たちじゃん」

「これこれをするときは、こういう風に気をつけないといけないな」

そんな感じで段々と不安が薄れていき、やるべきことが分かるようになり、勇気や自信がわいてくる。


旅で教わる最も大事なことの一つは、

「不安がるよりもまず先に、行動しろ」

ということ。


DSC03379.jpg

DSC03381.jpg


カラフルな家々が並ぶ綺麗な町。


DSC03387.jpg

DSC03390.jpg

DSC03394.jpg


海もヤバイ綺麗。


DSC03398.jpg

DSC03408.jpg

DSC03410.jpg

DSC03419.jpg


レシフェに戻る。州都だけあって、けっこう都会。


DSC03426.jpg

DSC03428.jpg

                 DSC03430.jpg

                 DSC03434.jpg


船に戻る。

帰る場所があるっていうのは素晴らしいことだと思う。

そして青と白の世界


DSC03451.jpg


陽がまた沈む。


DSC03472.jpg

DSC03480.jpg

DSC03486.jpg


サルバドール。

アフリカから奴隷として連れて来られた黒人が作った町で、実際人口のほとんどが黒人。

観光地はそこかしこで武装した警官が見張ってる。

警官がいればまぁ安心ではあるんだけど。。。

いなければそれだけ危険だってこと。


DSC03500.jpg

DSC03501.jpg

DSC03506.jpg

DSC03513.jpg

DSC03519.jpg

DSC03518.jpg


ここでは黒人が独自の文化を作っていて、カンドンブレという有名な密教があるほか、カポエラの発祥の地でもある。


DSC03535.jpg

DSC03547.jpg

DSC03549.jpg

DSC03533.jpg

DSC03560.jpg


真昼間っから町の真ん中で体を洗ってるおばさん。


DSC03565.jpg

DSC03567.jpg

DSC03581.jpg



月が満ち足り始め、クルーズも終盤に近づいてきた。

次はリオデジャナイロだ。
別窓 大西洋 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
世界旅行記 39 リオデジャネイロ→サントス
2009-12-09 Wed 21:22
レシフェからサルバドール、サルバドールからリオデジャナイロの間は、それぞれ丸一日、船での移動になる。


DSC03599.jpg

                 DSC03585.jpg

DSC03595.jpg


大西洋のど真ん中に太陽が沈んでいく風景は、壮大で美しく、一つのイベントになる。

でもそれだけじゃない。

太陽が見えなくなった後も、西から東に赤からオレンジ、黄色、水色、藍色、黒と、虹のようなグラデーションが空いっぱいに残り、その光景は心溢れるものがある。

しかも満月に近い時期は、太陽が沈むのと同時に、月が上がってくる。

晴れた日には、空の西半分が夕焼けのグラデーション、東半分が夜と星と月、という景色も見られる。

それにあたたかい夜風。

さらにうまいカクテルと、完全にはまる美しい音楽があれば、これ以上はないというほど、素晴らしい気持ちになれる。


DSC03605.jpg

                 DSC03626.jpg

                 DSC03635.jpg


リオ・デ・ジャネイロ。

リオは「川」で、デは「英語のOF」、ジャネイロは「一月」で、「一月の川」ってい意味らしい。


DSC03645.jpg


キリストの像があるほうの丘、コルコバードは、本当は入り組んだ湾が見えて素晴らしく綺麗らしいけど、残念ながらこの日は曇っていて、キリスト以外何も見れなかった。


DSC03649.jpg

DSC03660.jpg


ポン・ジ・アスーカル。

砂糖パン。

ちょっと晴れてきた。


DSC03718.jpg

DSC03715.jpg

DSC03714.jpg


遠くから見たコルコバードの丘。(さっきのキリスト像)


DSC03671.jpg

DSC03697.jpg

DSC03676.jpg

DSC03698.jpg

DSC03706.jpg

DSC03704.jpg

DSC03701.jpg

DSC03727.jpg


ブラジルはホントに色んな人達がいる。

ポルトガル人やスペイン人はもちろん、その人たちよりも先に東アジアから渡ってきた原住民、アフリカから連れて来られた黒人、アラブ人も移民さらにとしてきているし、そもそもスペインは長い間イスラム帝国だったので、少なからずアラブの血が入っている。

ヨーロッパ各地はもちろん、日本や中国からも移民がたくさん入っている。


DSC03729.jpg


ブラジル名物、丘の上ののゲトー。


DSC03732.jpg


リオデジャネイロの美しい湾を、船がぬっていく。


DSC03737.jpg

DSC03746.jpg

DSC03756.jpg

DSC03767.jpg

DSC03768.jpg

DSC03772.jpg

DSC03773.jpg


そして最後の日の夜。

月の出を最初から見た。

出てきた月は、真っ赤だった。。。

赤い光が夜の海面に落ち、月のまわりを照らしている光景は、異様でさえあり、世界の不思議を思わずにはいられないものだった。


DSC03780.jpg


そして最後の寄港地、サントス


DSC03793.jpg


14泊15日の船旅が終わった。

素晴らしい時間ほどあっという間に流れる。


今回の航海にあたっては、ビザやクルーズ自体の手続きなどで、オランダの某旅行会社の方々や、その他色々な方にお世話になった。

特にミキ・ツーリストの担当の方には、最後まで丁寧に対応頂き、大変助かりました。

心よりお礼申し上げます。


DSC03806.jpg


また一人になった。

久しぶりのバスでの長距離移動。

サンパウロへ!
別窓 大西洋 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
 飛行機なしの世界一周旅日記 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。