FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
世界旅行記 59 カンクン(メキシコ)→メリダ
2010-06-05 Sat 14:15
ニカラグアからの分より、三回連続でアップしました。

たまっててリアルタイムに追いつかないので、これからも二日おきくらいに更新します。

今はナイアガラです。


ベリーズからはメキシコのチェトゥマルというところまで船で行き、そのままカンクンへ。

ところがそのチェトゥマルからのバスの中で急に体調が悪くなりだし、カンクンに着いた時はもう寒気とめまいがひどい状態で、フラフラしながら宿へ行った。

そんなわけで二泊の滞在中、ほとんど寝込んでて何もしてない。

まぁ元からリゾートには興味なかったし、それ以外何もなさそうだったから別にいんだけど。


そしてここでパソコンが壊れる。

他にも旅の最初から「なんか生え出してるな」と気になっていた親知らずが少しずつ痛み出し、愛用していたカラビナ時計が壊れ、IPODの一部が壊れ、一週間後のメキシコシティでも風邪を再発するなど、なんか物も体もガタがきているのかな、なんて感じたり。

でもそんなことは言ってられない。

ラストスパート頑張ります。


ということで写真はメリダという町から。


DSC00361.jpg


バーにいた陽気なおばさん。(多分ホントは「おねえさん」)


DSC00363_20100603051736.jpg

DSC00365_20100603051736.jpg


ウシュマル遺跡。

ここが暑かったのなんのって。

夜のライトアップがツアーでしか見れないと思い込んでいたのでツアーに参加したんだけど、一緒だった老夫婦はウシュマルの観光が始まるなりすぐダウン。案内所みたいなところに戻ってしまった。

けどせっかくのツアーでも「お年寄りだったそれは仕方ない」と思えるくらいの暑さ。

ツアーは自分のペースで回れないからっていうのもあるけど、それにしてもこんなに暑さを感じたのは久しぶりだった。

(ちなみにライトアップはツアーじゃなくても遺跡が閉じた後、二時間くらい待ってれば個人でも見れるようだった。考えてみれば当たり前か。)


DSC00366_20100603051736.jpg

DSC00372.jpg

DSC00373_20100603051735.jpg

DSC00377_20100603051846.jpg

DSC00378_20100603051846.jpg


どっかの銀河。

俺たちのいる天の川銀河は自分たちがいるがゆえに、外から見ることができない。

でもこれを天の川銀河と仮定したら、太陽系はこの中のほんの点。

(天の川銀河も銀河団の点に過ぎない。)

銀河系の中心はブラックホールのようになっていると聞きますが。

どうなってるんでしょう?


DSC00385_20100603051846.jpg


ライトアップが始まりました。


DSC00386.jpg

DSC00397_20100603051845.jpg

DSC00400_20100603051845.jpg

DSC00401_20100603052131.jpg

DSC00406_20100603052131.jpg

DSC00410_20100603052130.jpg

DSC00413_20100603052130.jpg


青だけじゃなくて本当はもっと色々な光で照らされてるんだけど、何故か青の写真ばっか撮ってるな。

空は満天の星空で、その下のライトアップされた遺跡が思ったより荘厳な雰囲気を出していて、こんなとこでパーティーしたらヤバイだろうな、なんて考えてましたw


下はチチェン・イツァー遺跡。


DSC00420_20100603052130.jpg

DSC00421.jpg

DSC00422.jpg

DSC00442.jpg


ここに生きた人間からくりぬいた心臓を置いて、世界の終わりが延びるようにお祈りしたそうです。


DSC00447.jpg

DSC00449.jpg


天体観測所。


DSC00453.jpg


何故こんなとこに見猿、聞か猿、言わ猿が?


DSC00455.jpg


ここらへんはセノテという神聖な洞窟の泉があることで有名。

ホントはすごい綺麗なセノテがあるんだけど、あえて外して違うセノテにいったら、かなりちっちゃかった。

最初ガッカリしたけど、なんか地元色が濃く、色んな人が来て飛び込んだり泳いだりのんびりしたりしてて、意外と楽しめた。


DSC00461_20100603052332.jpg

DSC00459_20100603052332.jpg

DSC00462_20100603052332.jpg

DSC00466_20100603052332.jpg


カンクン、メリダにいたときはちょうど日本がゴールデンウィークで、それまでコロンビアあたりからほとんど会わなかったのに、突然多くの日本人に会うようになった。

結構仲良くなった人もいた。

メリダとにかくあっついけど、意外といいところだったな。


それにしてもメキシコは遺跡三昧。

これ以降もちょくちょく出てきます。


ところで全然気づかなかったんだけど、写真がまったく別のところで出てきてしまうエラーが発生してたので、直しました。

もし他に「この写真は出てくるところが違うぞ」っていうのを発見したら教えてください。


それではすぐまた。
スポンサーサイト
別窓 中米 2 (Mexico) コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
世界旅行記 60 サン・クリストバル・デ・ラスカサス→オアハカ
2010-06-07 Mon 11:21
二日前、ワシントンの分をとりあえず写真だけ下書きでアップしようとしたら、間違えて公開したまま寝てしまいましたw

また文章を加えて後ほどアップします。

コメントくれた方ありがとうございます。


下はサン・クリストバル・デ・ラスカサス。


DSC00479_20100603082007.jpg


マヤ系の人たちの村、サンファン・チャムラへ。

皆昔ながらの生活をしていて、基本的にあまり露骨に人の写真を撮っちゃいけないことになってます。

ですので、ちょっと遠慮がち。


DSC00482_20100603082007.jpg

DSC00483.jpg

DSC00485.jpg

DSC00487.jpg


この教会の中が外からじゃ想像できないほどのカオスな雰囲気を作ってる。

煙モクモクで人だらけ。(写真禁止。)


                 DSC00489.jpg

DSC00490.jpg

DSC00495_20100603082112.jpg


こっから写真許可が出ました。

みんなゆっくり織物の仕事をしてます。


DSC00502_20100603082112.jpg

DSC00504_20100603082112.jpg


この食べ物の名前なんていうんだっけ?

すごい有名なんだけど。。。

ヤバイ。忘れちった。

でも色が黒いのは珍しくて、正直まずかった。。。


ちなみにメキシコはタコスとかナチョスとかおいしものがいっぱいある。

メリダで食べたナチョスはホントおいしかったなー。


DSC00506.jpg

DSC00509_20100603082111.jpg

DSC00511_20100603082225.jpg

                 DSC00513_20100603082225.jpg


次はオアハカの町。


DSC00598_20100603082720.jpg


まず、モンテアルバンの遺跡へ。

下は球戯場だったって言うんだけど、、、

ホント?

適当じゃないの?


DSC00516_20100603082225.jpg

DSC00517.jpg


ビラコチャ。


DSC00525_20100603082224.jpg

DSC00535.jpg


博物館。


DSC00536_20100603082338.jpg

DSC00537_20100603082338.jpg

                 DSC00541_20100603082338.jpg


宝箱があってお金とか武器(カメラ)とか防具(服?)とかが入ってたらいいなぁ。

でも勝手に開けて盗ったらだめだよねw


DSC00545_20100603082338.jpg

DSC00549_20100603082337.jpg

DSC00555.jpg

DSC00557_20100603082452.jpg

DSC00560.jpg


南北アメリカ大陸で一番でかい木だって。

何千年と生きてるらしい。

それだけ生きてればはっきりとした意識はなくとも、当然なにか精神体のようなものをもってるよね。


                 DSC00563.jpg


いったい何世代分の鳥たちを育ててきたんだろう?


DSC00565.jpg

DSC00572_20100603082451.jpg


翌日はツアーで各地を一気に回る。

メキシコはよくツアーじゃないと行きにくい所が多いし、安いのでよく使っちゃう。


DSC00573.jpg

DSC00575_20100603082557.jpg


ミトラ遺跡。

たいしたことなかったな。


DSC00577_20100603085756.jpg


グァテマラやメキシコでは珍しくトゥクトゥクが走ってる。

大体インド製らしい。


DSC00579_20100603082557.jpg

DSC00580_20100603082557.jpg

DSC00581_20100603082557.jpg

DSC00583_20100603082557.jpg

DSC00584_20100603082556.jpg

DSC00592.jpg

                 DSC00596.jpg


町に戻る。

初期のファミコン作品はすごいのが多い。

特にスーパーマリオはぶっ飛んだ作品だと思う。

イタリア人の土管工がキノコを食べると大きくなって、桃のお姫様を救いに亀の大王を倒しに行くってどういうこと?

どうしたらそんな発想ができるの?

(マリオはイタリアやスペイン語圏に多い名前。)


DSC00601.jpg

DSC00606.jpg

DSC00610_20100603082749.jpg


みんな小さい頃から働いてる。


DSC00611.jpg

DSC00602_20100603082720.jpg


オアハカも町が綺麗でいい感じだった。

ちょっと文章少なめですけど、どんどんいきます。
別窓 中米 2 (Mexico) コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
世界旅行記 61 メキシコ・シティ
2010-06-09 Wed 08:17
メキシコの首都、メキシコ・シティ。

つくなり体調壊して丸三日寝込んだ。


                 DSC00614.jpg

DSC00625_20100603112519.jpg

DSC00626.jpg

DSC00628_20100603112623.jpg


マヤ・アステカ系の遺産はさすがにすごいのが多い。


DSC00630_20100603112623.jpg

DSC00631_20100603112623.jpg

                 DSC00633_20100603112622.jpg

DSC00634_20100603112622.jpg


昔はこんなだったらしいです。


DSC00638_20100603112622.jpg


ほとんど異星だね。


DSC00639.jpg


観光名所でもなんでもないところを綺麗に撮れるとうれしい。


                 DSC00642_20100603112734.jpg

DSC00645_20100603112734.jpg

DSC00647.jpg

                 DSC00651.jpg


メキシコシティは下の写真の上部の絵のように、湖に浮かぶ島だったらしいですが、スペイン人が遺跡のほとんどをぶっ壊した挙句、湖も埋め立てちゃったそうです。


DSC00652_20100603112733.jpg


太陽の石。

アステカのカレンダー。

天体に関しては現代人並みの知識を持っていた彼らですが、ご存知彼らの計算によると2012年12月23日に何かとてつもないことが地球に起こるそうです。

(天体に関係した大異変が起こるとされてるだけで、必ずしも人類が滅びるとはされていない。)


DSC00653.jpg


ケツァールの羽で作った冠だって。

ちょっと暗いから写真うまくとれてないけど結構綺麗だった。


DSC00658_20100603112921.jpg


前の回で出てきたモンテアルバンは昔こんな感じだったそうです。


DSC00659.jpg


オルメカ。


DSC00660.jpg


この石像は!!!


DSC00662.jpg

DSC00663.jpg


チャックモール像。

前にも書いたけど、生きた人間から取り出してまだ動いてる心臓をのせて、世界の終わりが延びることを祈る。


DSC00664.jpg

DSC00667.jpg


メキシコ・シティでは他にルチャ・リブレを見に行った。(写真禁止)

正直プロレスには興味もてそうにないと思っていたけど、とりあえず試しに見に行ったら、やっぱ実際そんなじゃなかった。

もちろんこれは個人の趣向の問題だろうけど。

でも好きな人にとってメキシコ・シティでのルチャ・リブレ鑑賞は、結構楽しめると思います。


後、町を歩いていたら知らずにゲイが集まる場所、東京で言ったら新宿二丁目みたいなところに入ってしまって、すごいのを見てしまった。

白昼から男同士がそこかしこで抱き合って、ベロベロにキスしてる。

しかも美男子同士もいたけど、なかには太鼓腹のおっさんカップルもいて、まさに「目にくるショックダウン」だった。

メキシコはゲイが珍しくなくて、普通に手つないで町歩いてるのをよく見るけど、やっぱおっさん同士がトロンとした目で顔をなであったりしてるのを見ると、結構キツイ。


DSC00677_20100603113421.jpg


地下鉄なんて現代的なものは久しぶり。


DSC00668_20100603113422.jpg


メキシコ大学。


DSC00669.jpg

DSC00673_20100603113421.jpg


下はティオティワカン遺跡の太陽のピラミッド。

デカさが半端じゃない。

何故か宇宙を感じる。


DSC00681_20100603113519.jpg

DSC00685_20100603113518.jpg

DSC00690_20100603113518.jpg


月のピラミッド。


DSC00691_20100603113517.jpg

DSC00697.jpg

DSC00701_20100603113629.jpg

DSC00707.jpg


シティで見かけた新婚さん。

後ろも負けてない。

ちなみに中南米ではみんなどこでもキスしまくってます。


DSC00617.jpg


これも中南米では多く見かける光景。

信号待ちの車の前でパフォーマンスをしてチップをもらう。

何故か今まで撮ったことなかったけど、今回は事前に了解を得て撮らせてもらう。

もちろん多めにチップをあげました。


DSC00619.jpg


パフォーマンスが終わるとチップを回収に。

この親子は毎日朝から晩までこれをやってた。


DSC00620_20100603112520.jpg


窓拭きもたくさんいるが、大体子供か若者。

日本に住んでいる以上、こじきだって豊かなほうだと思う。

配給があるんだから。

この世界は生きる意志のある奴だけが、生きる資格があると最近思う。

足を失って体をひきずって歩いている犬や、死にかけて目にウジがわいている子猫や、貧しくとも必死に生きようとしている人たちを見て感じたことは、この旅で得たもっとも大事なことの一つです。


DSC00711_20100603113628.jpg
別窓 中米 2 (Mexico) コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
世界旅行記 62 グアナファト→グアダラハラ
2010-06-11 Fri 05:28
グアナファト。

童話世界。


DSC00719.jpg

DSC00722_20100603123128.jpg

DSC00720_20100603123127.jpg


この町には地下道が一杯あって、中には交差点もある。


DSC00723_20100603123127.jpg

DSC00738.jpg

                 DSC00742.jpg

                 DSC00744.jpg

DSC00746.jpg

                 DSC00749.jpg

DSC00750.jpg


高台からカラフルな町を眺める。


DSC00726.jpg

DSC00727.jpg

DSC00730.jpg

DSC00731.jpg


夜もかなり綺麗。


DSC00733.jpg


中南米(ボリビア除く)はバスの設備がいいことが多いけど、メキシコも綺麗です。

映画が上映されてるのがうれしいね。

でも結構変なのが上映してることが多い。

自分の趣味じゃ絶対選ばなかっただろう映画もあったから、まぁある意味貴重な経験にはなるんだけど。

名作に出会うこともありました。


DSC00754.jpg


次のグアダラハラというところは、町自体にはこれといって特別なものはない。

お目当てはテキーラ村。

名前のとおりテキーラ発祥の地で、一応世界遺産らしいです。

下はテキーラの原料になるアガベという植物の畑。


DSC00755_20100603123424.jpg

DSC00757_20100603123424.jpg

DSC00759_20100603123600.jpg


工場見学はツアーが基本なんですが、、、

待ってました!試飲会。

塩をなめ、テキーラをぐいっと飲み干し、オレンジかレモンを食べます。


DSC00760.jpg


テキーラも寝かしたほうがおいしくなるらしい。

なんか忘れちゃったけど、三年から五年、もしくは五年から七年かな?、くらい寝かしたやつが最上級だそうです。

それ以上寝かすとだめになるんだって。

左の白いやつから順に、緑、青、赤と寝かした年月が長い。

確かに赤が甘みがあっておいしかった。


ちなみに俺はその直前にも蒸留過程のアルコール度70%のやつを飲んでいた上に、全ての色のテキーラを二杯ずつ試飲して、気づいたときには顔真っ赤でフラフラしてて、醜態さらしてましたw

しかも何故か滅茶苦茶眠くなって、もはや工場見学どころじゃなくなっていたw


DSC00761.jpg


下はおみやげに売っていた小瓶テキーラ。

ガソリンショット。

最高のお土産だよね。

まだ先が長いので自分用に一つ買っただけだけど。


DSC00762.jpg


グアダラハラの町。

下の写真は同じ場所を夜と昼に写したもの。

景色が豹変する。


DSC00765.jpg

DSC00768.jpg

DSC00769.jpg

DSC00772_20100603123711.jpg


度の過ぎた胴上げ。


DSC00776.jpg


何故か俺の宿の近くのとおりでは、スーパーマリオをつけっぱなしにしてる店が一杯ある。

音楽が懐かしい。


DSC00780.jpg

DSC00781.jpg


メキシコももう終わる。


DSC00779.jpg


中南米。

12月にブラジルに入って以来、約半年いた。

イグアスの滝、サンティアゴの新年、ウユニ、ラパス、クスコ、カリブ海のヨット、コスタリカ、ベリーズももうはるか昔。

恐ろしく濃いはずなのに、いつの間にか時が過ぎていく。

このままじゃ、あっという間に死んでるなw

全力で生きないと。


スペイン語は「旅行会話」の域をでないけど、まぁ旅に必要なことと、簡単な日常会話くらいならできるようになったかな?

英語に全然慣れてないので、最後には外国人用に英語で話しかけられても、スペイン語で返すくらいだった。

スペイン語はローマ字読みなので聞き取りがしやすく、詳細は分からなくても単語単語が分かれば大体言ってることが理解できる。

中国語とロシア語とスペイン語と英語が、「ほーんのちょっと」だけしゃべれるという中途半端な人間になっちゃいました。

「しゃべれる」なんてレベルじゃないっぽいけど。

でもロシア語はかなり忘れたな。

てか今カナダなんだけど、スペイン語も結構忘れてきちゃってるかも。

使わなくなると忘れるのが早い。


英語勉強しなくちゃー!!!
別窓 中米 2 (Mexico) コメント:1 トラックバック:0 ∧top | under∨
 飛行機なしの世界一周旅日記 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。