FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
世界旅行記 70 ラパス→ロスカボス
2010-07-10 Sat 10:39
フラッグスタッフを昼の1時に出て、国境に着いたのが夜11時。

メキシコ側で深夜バスに乗り換え、翌朝11時頃にロスチモスの港へ到着。

夕方の4時に出ると聞いていたラパス行きの船が、夜の11時発だと言われ、約十二時間待つことになる。


近くに唯一一軒だけあった小さな食堂に昼、夕と通い、港の中では二人のおじいさんと仲良くなった。

それ以外はひたすら勉強した。

夜、待合室で映画が上映されて、ハルクとスーパーマンがやっていたんだけど、ハルクはアクションとしては意外に面白かった。

いい暇つぶしになった。

そしてようやく船に乗り込む。


DSC01810.jpg


バハ・カリフォルニアに着岸。ここからさらにバス。


DSC01813.jpg


待ち時間が長かったとはいえ、移動に二泊三日、ほぼ48時間かけてやっと着いたラパスの町。


DSC01818.jpg

DSC01819.jpg


この町をすぐに気に入った。

綺麗で平和。


DSC01820.jpg

DSC01828.jpg


廃棄品を使った演奏。

かなりいい演奏だった。


DSC01834.jpg

DSC01835.jpg

DSC01836.jpg


翌日、バハ・カリフォルニア最南端のロスカボスへ。

旅の最後は超高級リゾート。


DSC01921_20100710071027.jpg

DSC01924_20100710071027.jpg

DSC01844.jpg

DSC01840_20100710070643.jpg

DSC01880_20100710071027.jpg

DSC01848_20100710080439.jpg


恐らく気温はかなり高いのだけれど、乾燥しきっているので日影はほとんど暑さを感じない。

むしろ風が吹くと涼しいくらいだった。

日なたは日なたで、歩くと動いている腕や足が風を流して、それだけで気持ちよかった。

まるで軽くなでられてるようだった。

とにかく全てが気持ちいい。

いるだけで、まぶたが落ちてくるような心地よさだった。


DSC01871.jpg

DSC01888.jpg

DSC01885.jpg


飛んでる。


DSC01853.jpg

DSC01856.jpg

DSC01862_20100710071235.jpg

DSC01876_20100710071234.jpg

                 DSC01919.jpg

DSC01913_20100710071526.jpg


海のそばのパラソルが埋まっていたので、少し離れたところで人知れずゆっくり。

日影と外の明るい風景と、風の爽快感。


DSC01895_20100710071526.jpg


空いたので海のそばへ。

天国のようだった。


DSC01899.jpg

DSC01892.jpg

DSC01889_20100710071525.jpg

DSC01807_20100710071524.jpg


いい夢を見た。

スポンサーサイト
別窓 中米 3 (バハ・カリフォルニア) コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
世界旅行記 71 ラパス
2010-07-12 Mon 07:44
本当はロスカボスが最後の地となるはずだった。

でも元々一日だけ余裕を持って日程を組んでいたところに、さらに船の到着が一日遅れると連絡があり、ラパスに戻って少しゆっくりすることにした。

ということでスノーケリングに行く。


ラパスの一日。


DSC01942.jpg

DSC01940.jpg

                 DSC01944.jpg


イルカの大群に遭遇。

100匹以上はいたと思う。


DSC01956.jpg

DSC01964.jpg

DSC01974.jpg

DSC01979.jpg

DSC01980.jpg

DSC01984_20100710081112.jpg

DSC01949.jpg

DSC01960.jpg

DSC01989.jpg

DSC01991.jpg


今度はメインのアシカ島。

アシカの王国。


DSC01995.jpg

DSC02002.jpg

DSC02007_20100710081254.jpg

DSC02012.jpg

DSC02020_20100710081445.jpg

DSC02028_20100710081444.jpg

DSC02034_20100710081443.jpg

DSC02036_20100710081442.jpg

DSC02037.jpg

DSC02042.jpg

                 DSC02043.jpg


そして海に飛び込むと、、、

3メートル以上はある超巨体のアシカがすぐ近くを泳ぎ回っている。

もちろん小さめのアシカもいるし、魚たちも一杯。

例によって水中の写真は撮れなかったけど、、、

すごい体験だった。

こればかりは実際に体験しないと分からないと思う。

さらに10月は、泳げるようになったばかりで好奇心旺盛な、人間にも怖がらず近づいてくる子アシカと一緒に泳げるらしい。

絶対また来たい。


DSC02049.jpg

DSC02050_20100710081630.jpg

DSC02052.jpg


マンタ。


DSC02054.jpg


綺麗なビーチでランチタイム。


DSC02055.jpg

                 DSC02066_20100710081759.jpg

DSC02074.jpg


トランペットフィッシュ。


DSC02079.jpg

DSC02080_20100710081758.jpg

DSC02087.jpg

DSC02088.jpg


またすごい差の地層。


DSC02095.jpg


ラパスに戻り、浜辺でゆっくり、一日の終わり。

まどろむ。


20100707205417(1).jpg


バハ・カリフォルニア。

世界は最後まで凄かった。

ただひたすらに、素晴らしかった。



今は船が出る町、エンセナーダに着いたところ。

明日乗船し、太平洋を横断して横浜港へ向かう。

でも家には帰らずにそのまま深夜バスで広島に向かい、京都、岐阜なども回る予定。

だから完全帰宅はもう少し先になる。


ラスト、黄金の国ジパング。

楽しみだ。

別窓 中米 3 (バハ・カリフォルニア) コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
世界旅行記 72 エンセナーダ
2010-07-13 Tue 03:15
最後の24時間バスでバハ・カリフォルニア北部の港町、エンセナーダへ。

荒野とサボテンと海の世界。


DSC02108_20100713030335.jpg


エンセナーダではワールドカップ決勝戦を見た。

メキシコは元宗主国で言葉が同じだからか、みんなエスパーニャを応援していた。


DSC02127_20100713030333.jpg

                 DSC02129_20100713030400.jpg

20100711201930(1).jpg


現在、7月12日午前11時。日本時間13日深夜3時。

リアルタイム。

今から港に向かい、船に乗り込む。

下はさっき撮ったばかりの、泊まってるホテルから見たエンセナーダ港。

パッキングしていたら、たまらない気持ちになった。


DSC02139_20100713030359.jpg

DSC02132.jpg



一体どれだけ無鉄砲だったんだろう、と思う。

今思えば、何も知らなかった。

丸裸も同然だった。

ただ「知りたい」というだけで、日本を飛び出した。

想像も出来ないほどはるか遠くの、日本に向けて。

一歩一歩、前に進んでいった。

一つ一つ、町を乗り越えていった。


中国寝台列車、

カザフスタンの難民バス、

ダンコさんの軽自動車、

ユーロラインズ、

大西洋クルーズ、

アンデスの土砂崩れによる川渡り、

カリブ海のヨット、

北米を一周したグレイハウンド、

その他数え切れないほどの、バスや電車や船に乗った。


一人、席に座りながら、黙々と車窓を眺め続けた。

砂漠やジャングル、壮大な大自然、高層ビルの立ち並ぶ近代都市から貧しい村々まで、言い尽くせないほど多様な景色を見た。

一体どれだけの、沈む夕日を見ただろう。

美しい星空が見れることも多かった。

数多の夜を超え、世界の景色が流れていった。


そしてついに今、それも最後になろうとしている。

これから二週間かけて、太平洋を渡る。

次、地に足が着いたとき、、、


そこは故郷、横浜だ。


別窓 中米 3 (バハ・カリフォルニア) コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
 飛行機なしの世界一周旅日記 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。