FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
世界旅行記 6 景洪(中国)
2009-05-27 Wed 20:16
ラオスと中国の国境は日本じゃ考えられないほどのオフロードで、バスがジャンプしながら進むような山道だった。アジアの深夜バスはスリーピングバスといって、バスの中にベッドが並んでるタイプが多いのだが、寝ているとバスが跳ねて自分の体が宙に浮くほどだった。それでもこの頃はそういうのにも慣れてきていて、あまり苦痛に感じず普通に寝ていた。


DSC00408_20100604114508.jpg


当初は中国側の国境の町で一泊する予定だったが、到着したバス停から目的地である景洪に、バスがすぐ出るというのでそのまま乗ってしまった。

そこでリーという英語がしゃべれる中国人に出会った。彼は仕事で雲南省に来ていて、俺と同じく景洪で二、三泊するということだった。しかも設備と広さのわりに格安の宿に泊まる予定で、ベッドが余っているので良かったらシェアしないかと聞いてきた。

こういう時はすごく迷う。当然ながら彼が善良な人間であるという保証はどこにもない。隙を見て荷物を丸ごと盗まれる可能性だってある。しかも桂林で会った劉のように、泊まった宿でたまたま会って一緒に観光しようと誘われたのではなく、得体の知れない宿にこれから行って一緒に泊まろうというのだから、普通だったら警戒してお断りしなければいけないところだった。

ただ、このときは多少事情が違っていた。まず景洪はシーサンパンナ・タイ族自治州の中心地だということ。そして今はタイ文化圏にとっての旧正月であり、水掛け祭りの真っ最中であるということ。つまり、宿が嫌になるほど高い。通常の二、三倍は当たり前だった。

それに対してリーが言ってきた金額は、普通でもかなり安いと感じる金額だった。

怖がってばかりでは何も始まらない。今のところ善良そうなただの若者だし、部屋を見るだけ見ることにしよう、と思った。

結論から言えば、部屋はキッチンもついているような広くてきれいな部屋で、社宅ということだった。安心は出来なかったが、泊まることにした。

リーはその日誕生日だったらしく、友達の女の子も交えて飲み会をし、楽しい夜を過ごした。そのときはあんなことが起ころうとは予想もしなかった。

翌日、彼は仕事だというので、俺は荷物にバッチリ鍵をかけてタイ族が集まる町に出かけた。今回は見てるだけで参加しなかったが、水祭りは相変わらず楽しそうだった。


DSC00419_20100604114508.jpg

DSC00416_20100604114508.jpg

DSC00415.jpg

DSC00410.jpg

DSC00423_20100604114508.jpg

DSC00430_20100604114507.jpg

DSC00432.jpg

DSC00434_20100604114812.jpg


三日目の夜はクラブに連れて行かれた。クラブと言ってもハテナマークのつく内容だったけど。

しかも吐くほど飲まされた。一緒にいたリーの友達の女の子に、「僕お酒弱いんで勘弁してください」と言っても許してくれない。かなり怖い目つきで「はぁ!?私が飲んでんのにあんた飲まないの!?」とキレられる。この国では女性にお酒を勧められたら、男は必ず飲まなければいけないらしい。俺の周りにも酒飲みはいるけど、こいつらの飲む量は尋常じゃない。普通の食事の油の量もそうだけど、中国人は胃の構造が日本人とは違うみたいだ。


DSC00437.jpg

DSC00441.jpg

DSC00443.jpg

DSC00445.jpg


そして事件は起こった。

クラブから帰ると、かなりクタクタだった。ただリーは寝たくないらしく、ずっと話し続けていた。次の日は大理に行くことが決まっていてバスも予約してあったし、リーにはかなりお世話になったので、まぁいっかと思って話に付き合っていた。

でも三時を過ぎて四時を回ると、さすがに限界に近づいてきた。もう寝ようと何回か言って、一度は寝ることになった。けれど俺がベッドに入ると、なんと向こうは俺のベッドに乗ってきて、背後から俺を抱くような形で横腹らへんを揺さぶり、最後の夜なんだからまだ寝るなよ、と執拗に迫ってきた。

今更だけど何故かリーは、いつもやたらに体を寄せ付けてきたり、ゲイの話題を持ち出したり、変だなとは思ってた。一度俺のパソコンの写真を見せてあげたときは、男同士ではありえないほどに体を摺り寄せてきて、かなりの気持ち悪さを感じた。でもそれ以外はかなりいい奴だったので、あまり気にしないようにしてた。インドではゲイじゃなくても男同士で手をつなぐし、まぁ地域によっては男同士が密着することにあまり違和感がないような文化もあるかもしれない、ぐらいに思ってた。

でもこのときばかりは本気で気持ち悪いと思って、マジで怒鳴った。したら当然寝ることになった。
疲れていたのですぐに眠りに落ちた。

そして、、、

ありえない感触で目が覚めた。このとき、俺は幸か不幸か頭まで掛け布団をかぶっていた。でも足だけ出ていた。そしてその足が。。。

なめられてる?

足の指をしゃぶられてる?

とっさに足を引っ込める。俺は完全にまぶたが開いていたけど、掛け布団のおかげで目が覚めてるのは気づかれていない。とりあえず向こうの次の行動に神経をとがらせる。今俺ホントになめられてたの?夢じゃないよね?でもしばらくすると向こうが立ち上がって、それによって俺のベッドの足のところに座っていたことが確かめられた。そして自分のベッドに帰っていく。なおじっとして聞き耳をたてていると、すぐにいびきをかいて寝始めたのが分かった。

リーがかなり酔っ払っていたのは確かだ。

でも、、、

マジで?

気持ち悪すぎる。

信じられない。


翌朝、物音で目が覚めた。俺はまだ頭から掛け布団をかぶっている。しばらくすると、リーは外に出ていった。荷物の残り具合からして仕事に出かけたのが分かった。

このままバスの時間まで帰ってこなければいいと思ったが、昼ぐらいに帰ってきた。リーは平静にしていつもと変わらなかったので、俺も何も言わず普段どおり過ごした。

そして、大理に向かった。

向こうは本気だったのか、寝ぼけていたのか、酔っ払っていたのか、いまだに分からない。

ゲイには気をつけなければいけない。

スポンサーサイト
別窓 東アジア 2 (雲南省) コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
世界旅行記 7  大理→麗江
2009-05-27 Wed 21:20
景洪は東南アジアと変わらずかなり熱かったが、大理に来るといきなり寒くなった。


DSC00458.jpg


以下は麗江の写真。


DSC00461.jpg

DSC00465.jpg

DSC00479.jpg

DSC00480.jpg


中国人の大発明。麻雀。


DSC00477.jpg

DSC00473.jpg

DSC00498.jpg


麗江にはたくさんのモデルが来ていて、写真撮影をしていた。町が町なだけに絵になる。


DSC00466.jpg

DSC00494.jpg

DSC00502.jpg

DSC00501.jpg

DSC00500.jpg

DSC00503_20100604114812.jpg

DSC00499_20100604114812.jpg


麗江は素晴らしい町だった。初日はただ町をぶらつき、二日目は虎跳峡というところに行った。

そして問題の三日目に続く。



別窓 東アジア 2 (雲南省) コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
世界旅行記 41 雲南省(追加)
2009-12-19 Sat 11:19
引き続き写真の追加。

今回は雲南省。

(これは雲南省の未記載の写真と文章をまとめたもので、2009年12月にブラジルで書きました。)


景洪はタイ族自治州なので、水祭りの文化もある。

中国は中華世界と言うけれど、まさしく一つの世界で、イスラムからモンゴルまで、様々な文化がある。


20090416174745(1).jpg


寝台バス


20090418185647(1).jpg


大理

また敬虔な人たち。


20090419170241(1).jpg


仏教は自分的には学問だと思ってる。

ニーチェやユングと同じ哲学の一種。

だいたい神格化したり、神様を付け加えたりしてうさんくさくするのは、後世の人たちだと思う。

(サンパウロで本物のお坊さんたちと会った後でこんな話は恐縮だけど)

例えば縁起は全ては流れの中でつながっていて影響を及ぼしあっているという概念なわけだけど、大げさに言えば、全ての生物や物質はいつか土に返って、最終的にはマグマに流れて地球の核に帰っていき、また地表に戻るわけで、そんなに科学との矛盾もないように思う。

そこまでいかずとも、例えば人間の体を構成する物質は、正確には忘れたけど数年で全て入れ替わるらしい。

全ては海や川のように流れていて、生物はその流れの中のよどみに過ぎないと、ある日本人物理学者が書いていた。

物質的な話に限らず、社会的な意味でも、「風が吹けば桶屋が儲かる」的なことが重なって、大きな現象を生んでいる。

人間関係だって繋がっている部分を悪くすれば、それが自分に返ってくる。

度の過ぎた利己主義者は、結局己に利を及ぼさない愚か者に過ぎない。

そんなわけで仏教からはすごい影響を受けた。


20090419173056(1).jpg

20090419173056(2).jpg


DSC00451.jpg

20090419194114(1).jpg


麗江はやっぱ雰囲気ある。


20090421154714(2).jpg

20090421161134(1).jpg

20090421180011(1).jpg

20090421180011(2).jpg

20090421200700(2).jpg


陰陽

な簡単に言うと、全ては陰と陽が不可分に重なり合い、交じり合って成り立っているということ。

(転じて物事を陰と陽にハッキリ分けることなんかできないんだ、ということ)

極大の世界を扱う学問が天文学で、極小の世界、ミクロのミクロの世界を扱う学問が量子論だけれども、量子論においては、完全な「無」から「有」が生まれることが確認されているらしい。

つまり、この世界は無と有が揺らいでいるということ。

色即是空に近いかもしれない。

ということで、このシンボルを好んで使う量子論学者もいるらしい。


20090421164319(1).jpg


虎跳峡

なんだと思うかもしれないけど、左下に写ってる人間の大きさを見てもらえれば、規模が分かってもらえるかな?


20090422153718(1).jpg


事故後、本屋で。

ここじゃ立ち読みどころか、座り読み。

こんなんじゃ本が売れなくなるだろうに。

ほんとにまったくこの人たちは。


20090501134057(2).jpg

20090501134057(3).jpg


玉龍雪山。

ここが、今のところ今回の旅で訪れた最高地で4680メートルだった。


20090503160409(1).jpg

20090504113249(2).jpg

DSC00482_20100604114812.jpg


俺がいたのは外二科。


20090507185408(1).jpg


確かに禁煙って書いてあるんだけど。。。医者はもちろん俺に優しくしてくれてた警官まで、病室の俺の目の前でタバコを吸って、床にポイ捨てした挙句、俺に吸うかと勧めてくるくらい。

信号無視くらいの感覚なのかもしれない。


20090505143012(1).jpg


以上で追加終わりです。

またブラジルに戻ります。

別窓 東アジア 2 (雲南省) コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
 飛行機なしの世界一周旅日記 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。